ロープ式安全帯 ロープ式は
選べる楽しさをプラス

誕生秘話

20年前は安全帯のロープ式といえば9mm径の三ツ打ちロープ式と11mm径の八ツ打ちロープしかありませんでした。

より安心感のある太さ、より視認性の高いカラーロープの開発で業界をリードしてきました。今では珍しくない18mmの黒ロープの走りも当社です。

特長1 「少硬」という規格

【利 点】

硬すぎればほどけにくいが、未使用時に首等に回しておくと体に沿わないので痛い。

柔らかければ、ほどけやすい。そのバランスを考慮して規格を設定。

【実 証】

しなりがよくて、使いやすいと評判を頂く。

太ロープに規格が変遷しても硬すぎないので使用しやすい。

特長2 カラーロープで視認性向上

【利 点】

従来の白ロープは下から見上げると空の色と重なって装着しているかの確認も容易ではなかった。黒ベースでカラーの繊維を織り交ぜたカラーランヤードはその視認性向上は言うまでも無く、装着者にも固有の色で識別でき、また楽しむという新しいジャンルが生まれた。

【実 証】

カラーロープは全部で8色展開。どの色も均等に高評いただき、ご注文いただきました。

  • KH安全帯アインフックスチール φ11 3ツ打
  • KH安全帯 スチールφ11 3ツ打
  • KH安全帯タフスチールφ13 8ツ打
  • KH黒龍安全帯タフアルミ自在環フック φ14 8ツ打
  • 働く人のお困り事解決が使命です!
  • お客さまの声
  • KH活動ブログ