また買いたくなる商品改良力とは? [働く人のお困り事解決が使命です!3]

一度世に出した製品でも正解ではありません。

「進化」というバッグが弊社にあります。「進化」という名前は常に「進化」し続けていることを意味します。弊社の改良の全てはこの「進化」に取り入れております。

一度世に出した製品でも正解ではありません。まだまだ不十分なところを多くのアンケートハガキは日々教えてくれます。一度購入し数年後に「進化」を手にされたユーザーさんのほとんどはその変貌振りに驚かれています。

進化シリーズ

ある日、バッグの不良品が送り返されてきました。縫製が弱かったのか底が開いていたのですが、そのバッグのベルト通しの部分に目をやり・・絶句!その商品はネイルバッグだったのですが、そのバッグの幅広いベルト通しの中央部分が「コの字」にカットされていたのです。

頭の中をたくさんの「?」でいっぱいにしながらお客様にお電話をしたことを今でも覚えています。

今でこそ業界に当たり前に存在する「U字カット」はこの時生まれました。
補助ベルトのベルト押さえの上からでもバッグが付けられる。弊社の製品の多くにもこの技術は移植して参りました。

過去に戻るという改良も基陽はためらいません!

「龍牙」というバッグを以前発売しました。12月の期間限定で、業界発の洒落た生地で限定発売したのですが、当時は私たちにもその価値は分かっておりませんでした。

龍牙シリーズ

その後、「亀甲」「藍染」「銀華」「さくら」「ブラウン」と本当に多くの限定品でお喜びいただいてきたのですが、ある日社員の日報に「〈龍牙〉がまだありませんかと問い合わせを頂きました」とあったのです。

他の社員にも尋ねると「龍牙」の問い合わせは何年も経った今でもある・・・という答えでした。

限定品を世に出すたびに、「龍牙」を求める声が再燃する!

復刻を考えた瞬間です。

当時とは数段もよくなった技術に龍牙の生地をまとわせる。この過去に戻るという改良も基陽はためらわずに行なえます。

「過去」にも「今」にも満足という言葉はありません。
アンケートハガキは今も途絶えることなく基陽の血流となってめぐり続けています。改良の精神は永遠に受け継がれ、そして続いて参ります。

腰道具Factoryでは、OEMによりお客さまのご希望に沿った製品を製造開発しています。
お取引の流れの詳細についてはこちら

OEMご相談フォーム

  • 働く人のお困り事解決が使命です!
  • お客さまの声
  • KH活動ブログ